価格と価値

こんにちは!神戸・三宮、楽しいやワクワクを追求する
Camtha Lab 所長のYoshiです。

エクスペリエンス・マーケティングとは?

大河ドラマ税理士こと山本泰三さんによるエクスマ流USP塾をきっかけに

自分にしかない独自性を見つけて発信していくことにしました。

こだわりや美学を持った人

ワクワク楽しい時間を共有したい人

古いものレトロ、アンティークが好きな人

美容院に行きたいけど行ったことのない男性

に向けて発信してます。

[su_divider]

過剰な安売りしてるお店ってたくさんあると思いませんか?

大丈夫かな?ってこっちの方が心配になってしまうくらい。

どんなものにも適正な価格があると思う。

その適正価格以上に安くするのは僕はナシだと思っている。

男性女性に限らず、価格に翻弄されて生きる道を知らず知らずのうちに歩んでしまってる場合もある。

自分もその一人になっている時もある。

そんな時、価格と価値のバランスを考える事が必要だなとつくづく思う。

価値を伝える必要性

仮に会社やお店が

お客さんが喜ぶからと言って
利益のすごく少ない商品やサービスを提供するとしましょう。

それによって従業員や会社やお店に関わる人々の満足に繋がるでしょうか?

会社の存続利益を確保して、皆が快適な状態を作る事、そうする事により結果的にお客様に還元できると思うのです。

経営者だけが潤ったり会社だけが良い思いをしていては、一時的にはいいかもしれませんが、永続はしないと思います。

バランスをとっていく事が大切かなと。

会社の存続、税金を納める社会的役割、従業員満足、そしてお客さんの還元などになるものです。
経営者だけが喜んだり、会社側だけが喜んだりしてはダメです。

価値を伝える事をしていくコト、さらには、自分自身を気に入ってもらって僕たちじゃないとダメ!

って思ってもらえるように発信していく。

モノのスペックを語るのではなく、自分たちが関わるコトによって体験を伝えていけたら

それが価値につながると信じて行動しております。

続きはまた明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕をフォローしてくれると嬉しいです