hotrodとやりきること

こんにちは!神戸・三宮、楽しいやワクワクを追求する
Camtha Lab 所長のYoshiです。

現在は美容院MocTに間借りして運営しております。

エクスペリエンス・マーケティングとは?

大河ドラマ税理士こと山本泰三さんによるエクスマ流USP塾をきっかけに

自分にしかない独自性を見つけて発信していくことにしました。

こだわりや美学を持った人

ワクワク楽しい時間を共有したい人

古いものレトロ、アンティークが好きな人

美容院に行きたいけど行ったことのない男性

に向けて発信してます。

[su_divider]

みなさまHotRodって聞いたことありますか?

スクリーンショット 2016-02-03 12.22.15

こんな感じの車のことを総称してホットロッドと言います。

ウィキペディアによると・・
ホットロッド(英: Hot rod)は、アメリカ合衆国で1930年代に生まれた、カスタムカーのジャンルである。今日では、パフォーマンスだけでなくスタイリングもホットロッドらしい特徴的なスタイルのカスタマイズも、ホットロッドと呼ばれている。

解説
ホットロッドの語源は不明である。一般的にはhot roadster「熱いロードスター」あるいはhot pushrod「熱いプッシュロッド」が短縮されたものと言われている。「プッシュロッド」は典型的(古典的)なサイドバルブやOHV型のエンジン構成において、カムシャフトのカムに突き上げられる棒である。サイドバルブ型ではバルブと一体であり、OHV型ではプッシュロッド→ロッカーアーム→バルブの順で動きが伝えられる。ここでは、ホットロッドに使用されていた、アメリカで製造されていた一般的なV8OHVエンジンのそれを指す。また、一説にはロッドは「コネクティングロッド」と「男性性器」のスラングである「ロッド」をかけたものとも言われる。
1920年代から1930年代にかけてのフォード・モデルTや、フォード・モデルA、1932年から1934年にかけてのフォード・モデルBを使い、ボンネット、ガラス、屋根、バンパーなどを取り除いたり、チョップドトップを行い、ボディーの軽量化を行う例が多い。さらに、エンジンの出力を上げたり、現代の高性能なエンジンに載せ替えることもある。また、サスペンションの交換や車高の変更を行った個体も多い。また、代表的なカラーリングとしてフレイムペイントと呼ばれる火炎のような塗装を施すものがある。
ホットロッドはアメリカの文化の一部となっている。この時代の団塊の世代(アメリカではベビーブーマー)には、退職後、青春時代の思いを復活させるべく再び1930年代頃のフォードを購入して、ホッドロッドマシンを自宅で作り上げる者もいる。

とあります。

要するに簡単に言うと古いアメ車をカスタムしたりレストアしてカッコよくすること。

ちなみに日本のメーカーのトヨタでいうとクラウン。みたいなフォード、車種名モデルTと呼ばれるアメリカ本国及び諸外国で19年間に生産されたモデルTおよびモデルTTの累計生産台数は1,500万7,033台であり、1972年2月17日にフォルクスワーゲン・ビートルが累計生産1,500万7,034台を達成するまで、約44年9か月に渡ってモデルチェンジなしの史上最多量産車の記録を保持した。

Ford Model A(Toyota Automobile Museum).JPG
Ford Model A(Toyota Automobile Museum)” by HKT3012投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 4.0 via ウィキメディア・コモンズ.

これってすごくないですか?今では毎年のようにモデルチェンジされているのに対し19年間もモデルチェンジされなかったってところが。
もう一つ凄いのがワーゲンのビートルね、誰もが知ってますもんね笑

NEWビートルもわざわざ、あの丸みのあるあの形にするのにどれだけ苦労したか。今の法律や強度基準を守らないと作れないから苦労したんでしょうね。
自動車メーカーも新車を売るためにあの手この手で仕掛けますからね。

NEWビートルってこれね↓
vw-246365_1280

何するにも規則や法律ばかりでものづくりは大変だと思う反面、何でも揃うモノが溢れている時代になったことで、本当に大切なものは何かがわかる時代になってきたなぁと思う。

僕の場合は古い車やバイク、アンティークの家具、カメラ、古いものはたいがい好き。

だって、今、作られているものってすぐに手に入るでしょ?

便利だけど何か物足りない笑

古いものか体験することに時間を費やしたいな。

ホットロッドの話に戻りますが

日本では毎年12月に横浜ホットロッドショーが開催されており
僕も日帰りで何度も行っております。

ビルダーと呼ばれる車やバイクを作るプロやアマチュアの人たちが自分の作った作品を展示するイベント。

これに参加することによって

僕も色々なものを作るので

そのビルダーさん達がどんな苦労をしてクオリティーの高い状態まで仕上げたのか?

イメージして勝手にモチベーションをアップさせていきます。

なんでも、失敗や苦労をすることもあるんですけどその先には絶対に成功が待ってるんです。

諦めなければ。

美容も営業も練習もブログも一緒。

仕事ならお客様にがむしゃらにぶつかりやり切ることで学ぶ!

練習なら自分に課したものをやりきる!

今の時代、気合と根性だけでは通用しません。
しかし!勘違いしてはいけません!

いつの時代もお客さんをつかむためには行動量です!

練習や作品の数もブログの数も一緒。

まずは数多くのお客様とコミニュケーションを繰り返し、お客様の声を聞き続ける中にたくさんの学びや気付きが生まれ結果として質を生み出します。

まずは一人でも多くのお客様と接点を作り出すことにこだわってみましょう。