Apple IDの2ファクタ認証の話

友人が実際にあったApple IDの乗っ取りについての注意喚起です。
乗っ取られると実にめんどくさいので、Apple IDをお持ちの方(iPhone、Macユーザー)はぜひ理解していただきたいなと思います。
旬な情報なので、詳細は分かりませんが現時点で分かっていることをお伝えしますね。

【被害にあった友人のApple ID状況】
①Apple IDにクレジットカード情報を登録している
設定>ユーザー名>配送先と支払い情報から確認できます。
②2ファクタ認証にしていない

【経緯】
不正アクセスされている可能性があるためApple IDのパスワードを変更してくださいとAppleからメールが届いたので変更した。
そうすると翌日?またメールが届いたので確認すると◯月◯日 ◯◯,◯◯◯円 アメリカ(ここは曖昧)、、、という請求が発生した内容が記載されていた。
海外に行ってもないし、海外のネットショッピングで購入した覚えがない為、Apple IDが乗っ取られ不正請求が発生していると判断しAppleに電話した。

電話をするとすぐに対応してくれるが解決するのにすごく時間がかかるし
こちらでiPhoneの操作をしないといけないのですごくめんどうだったと友人が言っていました。
そしてコールセンターのお姉さんに「2ファクタ認証」にするよう勧められたそうです。

2ファクタ認証とは、Apple IDとパスワードでサインインをしようとすると
登録している電話番号に確認コードというものが届き入力することでアカウントにアクセスできるようになるというものです。
たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式になっています。

今回は友人がこの認証方式にしていなかったため、Apple IDとパスワードを不正利用されたのだということが分かりました。

これを機にApple IDは2ファクタ認証にしましょう!
設定方法をこちら↓から
https://support.apple.com/ja-jp/HT204915

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕をフォローしてくれると嬉しいです