文章の基本 2 文末にメリハリを

読みやすい文章を書くポイントの1つに

文末を「です・ます調」にするのか「である調」にするのかを決めることがあげられます。

だからといって、同じ表現の文末が3回以上続くと、読み手は飽きてきてしまうそうです。

また、文末を変えすぎても、散漫な印象になってしまいます。

難しいかもしれませんが、バランスを考えながら、書き換えていきます。

①文末を削る
削るというのは、書かなくても伝わる文章は削ってしまうということ。

例えば、
ヘッドスパをするメリットは3つありますので、それを説明します。

を、

ヘッドスパをするメリットは3つ。

と書きます。
なくても伝わるのであれば、このようにあえて
削ってしまうのも1つの手です。

②体言止め
文章を強調したい時や、余韻を残したい時に使う方法。

自分が今まで書いてきた文末のパターンを知った上で、①、②の方法を用いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました