文章の基本 2 文末にメリハリを | 生きることは壮大な人体実験。saysonのブログ

文章の基本 2 文末にメリハリを

読みやすい文章を書くポイントの1つに

文末を「です・ます調」にするのか「である調」にするのかを決めることがあげられます。

だからといって、同じ表現の文末が3回以上続くと、読み手は飽きてきてしまうそうです。

また、文末を変えすぎても、散漫な印象になってしまいます。

難しいかもしれませんが、バランスを考えながら、書き換えていきます。

①文末を削る
削るというのは、書かなくても伝わる文章は削ってしまうということ。

例えば、
ヘッドスパをするメリットは3つありますので、それを説明します。

を、

ヘッドスパをするメリットは3つ。

と書きます。
なくても伝わるのであれば、このようにあえて
削ってしまうのも1つの手です。

②体言止め
文章を強調したい時や、余韻を残したい時に使う方法。

自分が今まで書いてきた文末のパターンを知った上で、①、②の方法を用いてみてください。

美容院「MocT(モスト)」Shop Information

予約専用番号: 080-8901-1948

営業時間: 10:00~20:00

最終受付: Cut 19:00 , Color 18:00 , Perm 18:00 , Color & Pram 17:00

定休日:不定休

兵庫県神戸市中央区加納町3-2-1 ICOビル1F

MocT

 

予約
MocT(モスト)はLINEでも、ご予約を承っております。 下のアイコンをタップして、お名前・ご希望日時・メニューを メールにて送信してください。 MocT(モスト)からの返信をもって予約完了となります。
moctLINE予約
時間外営業は別料金にて承ります。詳細はお問合せ下さい。 またご予約優先となっております。当日のご予約はお電話にてご確認下さい。
お知らせ
ブログ
saysonをフォローする
生きることは壮大な人体実験。saysonのブログ
タイトルとURLをコピーしました