文章の基本1(一文の長さ) | 生きることは壮大な人体実験。saysonのブログ

文章の基本1(一文の長さ)

どもども、yoshiです。

 

今回から何日かにわけて文章の基本を学んでいきたいと思います。

なぜこの記事を書こうと思ったかと言うと

自分自身が文章を書く上で気をつけたいポイントをまとめる忘備録としてと

自店のスタッフやブログを書こうとしている人へのアドバイスになればと

思い書くことにしました。

 

 

一文の適当な長さは40〜50文字程度と言われています。これは、読み手が疲れない長さ。一呼吸で読める長さだとも言われています。

これより長いと読み手がなぜ疲れてしまうのかというと、日本語の文法に関係してきます。

例:
私は昨日、仕事帰りに駅前のデパートの中にある本屋に寄って、楽しみにしていた新刊の名探偵コナンのコミックを購入しました。

この文で、本来伝えたいのは「新刊を購入した」ことです。
しかし、日本語文法では述語が後ろに来ますので、長い文章だと、人は述語にたどり着くまでに初めの文の内容を覚えていられないんです。

一文40〜50文字程度を守りつつ、短く言い切るようにしたり、長くなりそうな文は分けたりするなどして、読み手を疲れさせない書き方をするだけでも、変わってきます。

一文の長さは、読み手、書き手だけでなく、話し手、聞き手の立場になっても同じです。

 

今日はここまで。。。

 

ではまた!

美容院「MocT(モスト)」Shop Information

予約専用番号: 080-8901-1948

営業時間: 10:00~20:00

最終受付: Cut 19:00 , Color 18:00 , Perm 18:00 , Color & Pram 17:00

定休日:不定休

兵庫県神戸市中央区加納町3-2-1 ICOビル1F

MocT

 

予約
MocT(モスト)はLINEでも、ご予約を承っております。 下のアイコンをタップして、お名前・ご希望日時・メニューを メールにて送信してください。 MocT(モスト)からの返信をもって予約完了となります。
moctLINE予約
時間外営業は別料金にて承ります。詳細はお問合せ下さい。 またご予約優先となっております。当日のご予約はお電話にてご確認下さい。
お知らせ
ブログ
saysonをフォローする
生きることは壮大な人体実験。saysonのブログ
タイトルとURLをコピーしました